Sadistic Desire

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sadistic Desire

音楽、旅行、日常

キムチ鍋、キムチチゲ、スンドゥブ

 お題「鍋といえば」

 

こんにちは!

りゅうです!

今回のお題は「鍋といえば」です!

みなさんはどんな鍋が好きですか?

 

私は圧倒的にキムチ鍋です。

 

キムチ自体はあんまり好きではないのですが、キムチ鍋は大好きです。

例えるなら、

コーヒー豆は嫌いだけど、コーヒーは好きっていう感じですかね。

 

恐ろしく例えが下手なことは理解してもらえたと思いますが、

とにかくキムチ鍋を愛していることもわかって欲しいので、

キムチ鍋について語りたいと思います。

 

キムチ鍋にはキムチチゲという先輩がいます。

キムチチゲ朝鮮の伝統的な料理です。

キムチ鍋日本人の舌に合わせたキムチチゲという感じです。

キムチチゲはキムチ等の具を炒め、そのあとにだし汁を足しますが、

キムチ鍋は最初から具材もだし汁も入れて煮込むことが多いです。

キムチ鍋の素という便利なものもありますね。

 

また、スンドゥブという料理もありますね。

正式名称はスンドゥブチゲです。

スンドゥブって実は豆腐っていう意味なんですね。

チゲにスンドゥブというお豆腐を入れることで、スンドゥブチゲという料理になります。

 

何年か前はお昼にスンドゥブチゲをよく食べに行ってた記憶があります。

韓国人の方が経営しているような、本場のチゲを出してくれるお店では注意が必要です。

めちゃめちゃ辛かったりします。本当にツラいです。

水が足りなくなります。

 

そう言えば「からい」「ツラい」って同じ漢字ですね。

昔の日本人は「からい」ものを食べるのが「ツラい」と感じていたのでしょうか。

英語では「からい」「熱い」が同じ単語だったりしますね。

欧米人は「からい」ものを食べると「熱い」と感じていたのでしょう。

 

今回は言葉の関係から文化の違いについてまとめてみました。

はい、お察しの通り、最初のブログテーマなんか忘れました。笑

それでは今日はこれくらいで!

広告を非表示にする